直心堂気まぐれ日記

ゆっくりゆるりと修行中

瞑想生活4

日曜出勤して、晩飯の買い物を終えて、車から荷物を降ろすのに中腰になって…

あれ?ありゃ?

痛い…腰が伸びんし…

膝の故障は長年付き合ってきているが、腰は初めて。

その日は布団に寝れず(起き上がれないので)椅子に座って過ごした。

さすがに仕事は休んで、安静にしていた。

ここまで痛いと、瞑想どころではない…

痛みを和らげる為に、丹田呼吸をしていたら、だいぶ楽になった。

 

自分の心と体の硬さに気づく。

 

ギュッと絞られたタオルみたいな状態を無理に伸ばそうとすると、「ブチっ」といってしまいそう。

長~く息を吐きながら、ユラユラプルプルさせるのが功を奏したのか、3日目には、かなり楽になっている。

仕事に出ようと思ったが、ゆるむ感覚をじっくりと味わってみようと、今日まで休みをもらった。

先月、約1か月間の研修期間を終え、林業という不思議な世界にいささか違和感を感じていた矢先の九州の豪雨の災害。

自然災害(台風)は仕方ない…

しかし、あの流木での2次災害は人災と思う。

 

今ある山の木々は、ほぼ人工林、林業が盛んだった時代に植えつけをした木がほとんど…

40年経ち、今、収穫(伐採)の時期に来ているという。

とはいっても、林業の担い手は激減してしまい、木材価格も底値…

林業事業体はやればやるほど赤字、国の補助金に頼らざるをえない。

九州のあの地域は林業が盛んだったようだが、土地に合わない植林をしていたのではないか?

どこの山も手入れが間に合わない状況だ。

金になる時に、一気に伐採、なくなりゃ一気に植林。

その間、森に棲む生物達は人間に追いやられ、それではいかん!と196年代に国?が出した鳥獣保護案によって、狩猟人口も減った事により、野生動物は激増。

鳥獣から今は害獣扱いwww

 

時代の流れもあるけど、本当に人間は勝手な生き物だなと感じる。

という事で、いまいるスタンスで自分が何ができるのか、何をしていったらいいのか考えている…

大きな事言えないけど。

 

まずは仕事をしっかり覚えるの先だけどね…

 

今日は休みなので、災害で亡くなられた方々のご冥福と早期の復興をお祈りしながら瞑想しようと思う。

苦しみと恐怖が少しでも和ぎますように。

生きとし生けるもの全てが幸せでありますように。

目に見えるもの見えないもの全てが幸せでありますように。

 

合掌。