読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

直心堂

ゆっくりゆるりと修行中

振り返り 恥をさらしてみる

18歳 航空自衛隊入隊、北海道勤務
21歳 除隊後マイアミへ航空留学、セスナ機の
   ライセンスを取得
25歳 フライトスクールインストラクターを
   目指し準備中、スクール校長が自ら操
   縦する飛行機が墜落、死亡 断念す
   る、地元のフライングクラブの実機を
   チャーターし闇で観光飛行の仕事をす
   るが大失態を起こし逃亡。
   心身を鍛え直す意味で空手道を再開、
   NY在住、日本人の師匠に弟子入り志願
   するが、スルーされその流派のオース
   トラリア支部に入門、大会出場、指導
   と実績を作り再度師匠に弟子入り志願。
26歳 許可を得る 渡米 NY総本部入門
28歳 米国永住を希望したが、却下 支部設
   立の任命を受け、泣く泣く帰国
   帰国後直ぐに同好会を発足
30歳 キッズクラス、レディースクラスの生
   徒数が順調に伸び、社会的信用度を
   計るつもりで入った銀行で融資相談し
   たらトントン拍子で200万円の融資が決
   まり家賃の安かったボロテナントを
   道場としてのスタート
31歳 成人クラスでの問題勃発、成人クラス
   を解散、道場をたたみキッズクラスを 
   引き連れ、公共施設での活動に戻る
   ご縁あったスポーツクラブ社長に誘わ
   れスタジオを提供して貰う事になり又、
   生徒を引き連れ移動
   クラブ側の宣伝効果もあり、生徒が激増
   思えば社長を引き合わせてくれたのが
   真言宗のお坊さんだった
33歳 スポーツクラブとの方針の違いで生徒
   を置いて出ていく事に
   クラブ側の営業効果が高いなど云々
   既に代行の指導員を立てられ追い出さ
   れる、若気の至りかすぐ隣の公民館
   で看板を上げ1人で稽古を始める
   が、1週間もしない内に生徒の大半が流
   れてくる 予測してなかった訳ではな
   かったが、クラブ側に勝った!みたい
   な狂った優越感を感じていた
   謙虚さのない気持ちの悪い人間だった
33歳 生徒も増え、教室がもう1箇所必要とな
   り前回同様、銀行に相談 返済実績
   活動実績があった為、約400万円の融
   資が決定 前回の倍の広さのテナント
   を道場としてスタート
34歳 生徒が減る 悩んだ末、中古のトレーニ
   ング機材を最低限揃え当時はほとんどな
   かった完全予約制のパーソナルトレーニ
   ング教室を兼業、会員数が増える
37歳 有頂天…上納金など不満もあり所属団体
   退会、単立派として活動
   知人におだてられ誘われるまま
   関東進出を目論む、出張のなどとふざ
   けた理由で教室を休みにする事が多く
   浮わついた指導者に誰もついてくる訳
   もなく生徒激減、借金だけが残る
   道場をたたみ、なにも決めずに上京
   住む所もなく、学生時代の知人は疎遠
   池袋駅西口前の公園での生活が始まる
NY在中時にお世話になったH先輩から
   の配慮で東京の知人を紹介して頂きア
   パート(ボロ孤立死した部屋)を借りた
   2週間のホームレス生活にピリオド
   膨れあがった借金860万円返済の生活
   が始まる 複数のバイトを抱えドタバ
   タとした生活 バイトのN区の臨時職
   員の試験に合格、給料が倍以上になり
   返済額も倍返し その頃にお金の掛か
   らない遊びはないかと思っていた時に
   瞑想に出会う 極めて不純な動機だった
   しかし、心の隙間を埋めるのはこれしか
   ないという強烈な実感はあった
39歳 東京生活ピリオド 福岡に移住悟り系
   自己啓発団体にはまる 武術を活かし
   たインストラクターとしてスカウト 
   クラス立ち上げ直前で方向性の違いを
   感じ辞退 朝刊の配達、整体師、メー
   ター検針のバイトをこなす生活が始まる
40歳 バイト先から社員に格上げ 生活が安定
   苦痛だらけの会社員となる 瞑想と空手
   が支えだった
41歳 あるポッドキャストをきっかけに仏教
   興味を抱く 瞑想リトリートをきっかけ
   に現在の心の師や友人達と知り合う 
   借金完済
42歳 地元に転勤 さらに会社員生活が苦痛と
   なる さらに仏教が気になりだす
44歳 会社退職 友人のツテでミャンマー
   瞑想修行50日間
   帰国、縁あった真言宗で出家得度 
45歳 好奇心だけで他宗派の修行道場に参禅
   80日の修行を終え現在に至る

あ~くだらな過ぎる我が人生…
次は何をしてやろう。